証書に必要な書類:

 

  • 利害関係者の市民識別および税識別文書。

  • 現在のすべての碑文と説明のコンテンツ証明書。

  • Caderneta Predial Urbanaまたは税関当局によって発行された本社での建物の登録申請(IMIのモデルI)。

  • ライセンスを使用します(1951年8月以降に構築されたプロパティ)。

  • テクニカルハウジングフォーム(ユーザーライセンスが2004年3月30日以降に発行された場合)。

  • インフラストラクチャ証明書(1992年以降に割り当て許可が登録されている場合、デポジットの提供なしで、最初の転送の場合)。

  • 建物内のエネルギーおよび室内空気品質証明書。

  • IMTの支払いの証明。

  • スタンプ義務の支払いの証明。

  • 先制権の行使に関する声明(ある場合)。

  • Toponymy証明書(ある場合)。

  • ローンの決済を目的としたローンの未払い額の申告(ある場合)。

IMI(市有財産税)を決済する

  • 恒久的な住宅および賃貸を目的とする不動産では、IMI(市営財産税)の支払い免除の申請は、不動産地域の財務部門で、証書の実行後60日以内に行うことができます。

Contrato de assinatura